著者 水野 茂
 
当館、水野茂の自伝書籍が発売されました。
 

著者の水野茂氏は 1919(大正8)年、東京品川・御殿山の生まれ。幼稚舎から慶応義塾に学び、慶応大を卒業。第二次大戦に応召して中国東北部(旧満州)へ。終戦後、シベリアに抑留され三冬を過ごしました。舞鶴港に帰還して療養ののち、万座温泉豊国館支配人を経て、五色温泉五色の湯旅館を経営。信州秘湯会を創設し、現在は名誉会長。水野氏の生い立ちから戦中戦後を経て現在に至る生涯を、わかりやすい文体でまとめました。 (文屋 木下豊)

 

『ランプのともしびから』
     〜奥信濃五色の湯旅館 水野茂自伝
初版第一刷発行: 2005年4月28日
著者・発行者:水野 茂
編集:文屋
判型:A5判、並製、本文 356頁
定価: 2,500円(2,381円+税)